今月の川島教室は、

信楽の手ひねり山野草鉢6号に寄せ植えをする予定でしたが、
お休みの方があったので、また器を使うことができるように 急遽、コケ玉をすることにしました。
器から出して、お皿で楽しむこともできます。

花材は モミジ”出猩々”、テイカカズラ”黄金錦”、ハクリュウ、ハイゴケ です。

出猩々の芽吹きは濃い赤色で、葉っぱがひらくと明るい赤色。
夏に向かって徐々に黄緑色に変わります。新しい葉の赤とのコントラストがステキ。
秋口には全体が暗黄緑色に紅色が混じり、晩秋には濃い赤橙色~赤紅色に紅葉します。
春にも 楽しめる モミジです。

苔玉 秋の彩り 花創人はなそうにん

ケト土600gを ビニールの袋に入れて、袋に余裕を持って 口を縛り よく モミモミします。

固まりがなくなったら、ビニールの袋の中に、ふた握り(3割くらい)赤玉土小粒を入れ混ぜます。
(この時、赤玉の粒をつぶさないように袋の口は結ばない方がいいでしょう)

袋から出して ひとまとめにします。

直径10cmくらいの鉢底ネットの上にお椀が乗ってるように成形します。

ここで、植物の用意

モミジの根鉢は、根を傷めないように ほぐし、アルミワイヤーをかけ整枝します。
ハクリュウは、根っこだけにします。
黄金錦は、土を崩します。

形、株張り、向きなどをよく見て 3株を組み合わせます。

けと土のお椀の中に 組み合わせた3株をいれて、けと土で包みます。

「つんぶり高く」形を整えて、霧吹き、土をよく濡らします。

手のひらに乗るくらいの量のハイゴケを 手のひらに裏向きにのせて、
裏の茶色い部分をハサミでカット。(けっこう大胆に)
カットしたハイゴケをそのまま、けと土に、ペタンとくっつけます。
(正面のよく見えるところはきれいな苔を残しておいて最後につけます)

机の上に置いた状態で、苔の周りを糸(洋裁で使った緑のミシン糸があったので)で5周位グルグル
苔が安定するので、左手にコケ玉を持って、右手で糸をテキトーにグルグル巻きます。

植物が、てっぺんに植わっているように お椀を伏せてたように形を整え

鉢の中に入れます。(鉢の形・正面をよく考えて)

植物の枝ぶり、葉の1枚1枚の向きを整えて出来上がりです。

作品のテーマは、『 苔玉 秋の彩り 』

鮮やかな黄金錦のオレンジが きれいです。

2-3日、陽のあたらない場所で養生した後、お日さまにあててやった方が色が美しくなります。

久しぶりに、泥遊びをして 楽しかったよ~ん

季節の花とその活かし方をズバっ!と紹介する【花ズバっ!】は、毎週水曜日PM8時から!お楽しみに!

バックナンバーはこちら ↓

今までの寄せ植えとフラ­­­ワーアレンジメントの中間の寄せ植え『ギャザリング』!

「そのうちきれいになる」「育てる­」­と­しての寄せ植えから「魅せる」「鑑賞する」「アート」としての寄せ植え『ギャザリング』をご提­案し­てい­ます。

花創人ガーデニング教室では、寄せ植えハンギングバスケット・ギャザリングの教室を少人数でていねいにレッスンさせていただいていますので、初心者でも安心です。

器・植物は厳選したものを使用しハイクオリティな寄せ植え教室を行っています。

根の様子、枝振りを観察し植物と対話しながら、植え込んでいくと、まるでお花畑のようにナチュラルに、フラワーアレンジメントのようにゴージャスな作品が出来上がります。

開店祝い、誕生日プレゼントなどのギフトにぴったりです。あなただけのオーダーメイドのリースや寄せ植えハンギングバスケットをお作りします。

愛知・岐阜・三重、東海・中部地方をはじめ全国に発送いたします。

「すごい」ではなく「すてき」な花飾りをご提案します。

花創人はなそうにん 尾関純子 TEL:058-382-1871

寄せ植えギャザリングをもっとみたい方は花創人Instagramへ成人式卒業式の聖火の髪飾りをもっとみたい方は花創人髪飾りInstagramへ
花創人ににメールで問い合わせ 花創人に電話をかける058-382-1871
花創人にショートメールで問い合わせする LINEで問い合わせ
土を使わない多肉植物の寄せ植えやルーティーブーケに使う「ふわふわアート水苔」はこちらのページで購入できます LINE友だちに追加