昨日(9月10日)は第25回各務原市福祉フェスティバルでした。

私たち、各務原の岐阜県園芸福祉サポーターは、園芸福祉体験教室「ちいさなお花のバックを作りましょう」をしました。

園芸福祉とは「植物と接して、仲間をつくり、みんなで幸せになろう」という活動です。

2リットルのペットボトルをカットした物に麻布を巻き、持ち手をつけて、そこに「なでしこ」と「白竜」を植えました。(とても可愛らしくて、自分でも気に入ってます)
なんと参加費300円

安くても いつも寄せ植え華道でやってるように ただ花を植えるだけでなく、花の表情、白竜の葉の向きを大切に生けるように指導させていただきました。

お母さんと一緒のお子さん、とても楽しそうに作っていただきました。おばあさん、可愛いのが出来たと喜んでいただきました。参加していただいた方みんな作っているとき、とても楽しそうで目がキラキラしていました。

予定数50名は、難しいかなと思っていましたが、とても好評でお昼ころには終わってしまいました。

また来年も 参加したいと思います。

岐阜県園芸福祉サポーターについて
(財)花の都ぎふ花と緑の推進センター研修部HPより

岐阜県では、園芸を活用した福祉や療法に関する知識及び技術を持ち、医療・福祉施設等においてボランティアとして現場で園芸福祉活動を支援できる人材の育成を目標に、平成14年度から「園芸福祉サポーター養成講座」を開講し、268名の方を園芸福祉サポーターとして認定しております。(平成18年2月末現在)

サポーターのみなさんは、県内の医療・福祉施設等の要請に応じてボランティアで園芸活動の指導や支援を行っています。

季節の花とその活かし方をズバっ!と紹介する【花ズバっ!】は、毎週水曜日PM8時から!お楽しみに!

バックナンバーはこちら ↓

今までの寄せ植えとフラ­­­ワーアレンジメントの中間の寄せ植え『ギャザリング』!

「そのうちきれいになる」「育てる­」­と­しての寄せ植えから「魅せる」「鑑賞する」「アート」としての寄せ植え『ギャザリング』をご提­案し­てい­ます。

花創人ガーデニング教室では、寄せ植えハンギングバスケット・ギャザリングの教室を少人数でていねいにレッスンさせていただいていますので、初心者でも安心です。

器・植物は厳選したものを使用しハイクオリティな寄せ植え教室を行っています。

根の様子、枝振りを観察し植物と対話しながら、植え込んでいくと、まるでお花畑のようにナチュラルに、フラワーアレンジメントのようにゴージャスな作品が出来上がります。

開店祝い、誕生日プレゼントなどのギフトにぴったりです。あなただけのオーダーメイドのリースや寄せ植えハンギングバスケットをお作りします。

愛知・岐阜・三重、東海・中部地方をはじめ全国に発送いたします。

「すごい」ではなく「すてき」な花飾りをご提案します。

花創人はなそうにん 尾関純子 TEL:058-382-1871

寄せ植えギャザリングをもっとみたい方は花創人Instagramへ成人式卒業式の聖火の髪飾りをもっとみたい方は花創人髪飾りInstagramへ
花創人ににメールで問い合わせ 花創人に電話をかける058-382-1871
花創人にショートメールで問い合わせする LINEで問い合わせ
土を使わない多肉植物の寄せ植えやルーティーブーケに使う「ふわふわアート水苔」はこちらのページで購入できます LINE友だちに追加